主婦が副業で稼げる金額

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 副業で主婦が稼ぎたい目標金額は?稼げる副業は何?

副業で主婦が稼ぎたい目標金額は?稼げる副業は何?

主婦が副業で稼ぐ目標金額

主婦が空いた時間で、自宅で出来る仕事であれば、小さな子供がいる場合や家事に追われていても気兼ねなく働くことができます。
お小遣いを稼ぐ程度であれば負担は最小限に抑えられますし、がっつり稼ぎたい人でも頑張り次第で収入をアップさせることができます。
副業を始めたいと希望している人であればメリットが盛りだくさんです。
では、具体的に副業を始める時にはどのくらいの金額を目標にすればいいのでしょうか?
まずは働く主婦の実態と目標金額の決め方について知っていくことからはじめていきましょう。

働いている主婦の収入はどれくらい?平均値は?

主婦の平均年収 平成27年の総務省統計局の調査によると、世帯主配偶者、つまり主婦が月に稼ぐ金額は45,842円とデータが残っています。年収であれば約55万円ほどですが、その7割近い主婦が非正規雇用で働いています。
正社員の主婦も中にはいますが、その割合は3割程度、実際に生活が厳しいと実感している人が大半のようです。正社員であれば先に挙げた平均月収に比べて収入はアップしていきますが、すべての主婦がそれだけの額を稼ぐことができるというわけではありません。特に非正規雇用で働いている人であれば平均を下回る収入でやりくりをしているケースも多くなります。
お金はあるに越したことはありませんし、少なくともここで挙げた平均値以上は月々稼いでいたいというのは多くの主婦の本音です。

主婦が副業で稼ぎたい目標額はどれくらいが多い?基準は控除の範囲内

主婦が副業で稼ぎたい目標額について、主婦100人にアンケートをとったある調査によるとその4割程度が3万円から5万円程度の収入がほしいと答えています。3割程度は3万円未満が希望としていますが、残りの3割は5万円以上や8万円以上ほしいと回答しています。
この結果を見てみると7割程度の方が5万円以下の月収、つまり控除の範囲内で働きたいと希望していることが分かります。
極端に収入がアップしてしまうと配偶者控除が受けられない、世帯主の扶養から外れなければいけないなど、注意点も多くなっていくからです。
副業で稼ぎたい目標額も、この控除の範囲内で定めておく方がお得なケースが多くなっていきます。それぞれの生活スタイルで副業にかけられる時間は異なってくるものの、目標額を決める際は参考にしていくべきです。

主婦が目標金額を稼げる副業は?

目標金額を決める 資格や技能を持っている人であれば、在宅でもこなせる仕事はありますが、そうでない人でも目標金額稼ぐことは十分に可能です。例えば、人のお世話をするのが好きな人、人との会話が楽しいという人であれば、相談員やマリッジアドバイザーなどがおすすめです。
相談員は電話やチャット、メールなどを用いて相手のあらゆる悩みにこたえていく仕事です。マリッジアドバイザーであればその業務にプラスして、データの中から互いに相性の合いそうな男女を引き合わせて成婚につなげていきます。ネット環境が整っている場所なら自宅を拠点とした活動も可能ですし、資格がなくても初回に講習を受ければそこから実際に働き始めることが可能です。
講習には最低でも2週間程度の期間が必要ですが、ステップを踏めば着実に目標額を稼ぐことが出来るのですから、これは挑戦するに越したことはありません。

運営者情報 サイトマップ