副業をしたら、どのくらいの収入で確定申告は必要になるのか。

2019年最新版!人気・オススメの副業一覧 2019年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 副業で確定申告が必要になるのは収入いくらから?所得税や控除の関係は?

副業で確定申告が必要になるのは収入いくらから?所得税や控除の関係は?


確定申告というのは1年間の収入・所得を税務署に申告し、きちんと税金を納めるための手続きです。
一般的には個人事業主が行っているイメージが強いのですが、必ずしも個人事業主だけが行う手続きではありません。
会社勤めをしているサラリーマンも、副業で利益を得ている場合は申告義務が生じることがあるのです。ただし、1円でも稼いだら申告義務が生じるというわけではなく、一定以上を稼いだ場合に限られていることに注意が必要です。

確定申告が必要になる副業収入は20万円が基準に

確定申告をしなければならない金額は、個人事業主の場合とサラリーマンの副業の場合とで異なっています。
どちらも同じだと思っていると、確定申告を忘れてしまう可能性があるため要注意です。個人事業主として事業を営んでいる人や専業主婦の方が副業をする場合は38万円が基準になるのですが、サラリーマンが副業を行う場合は20万円が基準になります。給与については年末調整がありますが、副業の分は自分で申告するのです。
1年間で20万円なので、1ヶ月あたり約17,000円となります。
アフィリエイトやクラウドソーシングによる副業でも、あっという間に1ヶ月2万円に達してしまうため、気を付けなければなりません。年末が近づいたら利益を減らそうと考える人もいますが、途中で予想以上の利益が出て20万円を超えてしまうことは多いです。早い段階で確定申告をする準備をしておけば慌てずに済みます。

確定申告が必要か見極める「所得税」の計算方法

確定申告をする義務があるかどうかを判断するのは、慣れている人にとっては簡単なことですが、初めて副業に取り組むようになった人にとっては難しいことです。20万円を超えることが明らかな副業をするなら分かりやすいのですが、はっきりしないケースも少なくありません。
また、稼いだ分を足し合わせればよいわけではなく、経費を差し引く場合にも注意しなければならないのです。申告義務が発生するかどうかは、経費を差し引いた部分が20万円に達しているかどうかで決まります。
副業の内容がパートタイム・アルバイトの場合は簡単に計算できますが、インターネットで副業をしている際ときは計算するのが厄介になることもあるため、ギリギリになって慌てないようにするには早めに準備をすることが欠かせません。

確定申告をしておいたほうが良い?注意が必要なケースは?

1年間で20万円も稼いでいなかった人は、わざわざ確定申告の手続きをしなくても問題ありません。
しかし、申告しておいた方が得になるケースがあるのでことには注意が必要です。たとえば、所定の金額以上の医療費を使っていた場合や、災害を受けて損失が出てしまった場合などが挙げられます。また、クラウドソーシングの副業では源泉徴収が行われていることがあり、確定申告をすることで還付される可能性もあるのです。
もっとも注意しなければならないのは、副業で得ている金額が20万円に達していない場合だといえます。副業の部分については確定申告の義務がないわけですが、他の理由で確定申告をすることになったときは、全体の合算で20万円を超えているかどうかが基準となります。その際、20万円を超えていない副業の収入についても申告する必要があるため忘れやすいので注意しましょう。

運営者情報 サイトマップ