税金で損をしないように稼ぐ主婦の副業

2019年最新版!人気・オススメの副業一覧 2019年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 副業で稼ぐ主婦が知っておきたい税金事情!税金で損をしないために・・・

副業で稼ぐ主婦が知っておきたい税金事情!税金で損をしないために・・・


副業することで収入を増やしたいと考える主婦は多いですが、稼ぐことばかりを考えていると損をしてしまう可能性があります。
どのような形であれ、収入を得た場合は税金を納めなければなりません。税金事情を正しく把握しておかないと、必要以上に納税することになってしまうのです。
納税義務があるのに忘れてしまうと脱税となり、追加の納税義務が発生します。もっとも重要なポイントは、いくらまでなら所得税が非課税になるのかです。

扶養の範囲内で働く場合稼げる金額は?

主婦が副業をする場合、一般的な会社員のようにフルタイムで働くわけではありません。年間の所得の合計が一定の範囲内であれば所得税が非課税になるため、どのくらいの仕事をするかを考えることが大切です。
年末が近づいてから調整している主婦も多いですが、調整に失敗すると税金が発生してしまいます。早い段階で考えておくことが望ましいです。
基本的には、年間で103万円までに抑えておくと所得税を納めずに済みます。ただし、103万円に抑えていれば毎月どれだけ稼いでもよいというわけではなく、一定の金額を超えると源泉徴収されることに注意が必要です。
また、103万円を超えると何らかの罰則があるのではなく、夫の扶養から外れることになります。この場合、夫の税金が高くなるのです。

主婦におすすめの扶養の範囲内で稼げる仕事は?

夫の扶養から外れたからといって悪いことばかりではないのですが、基本的には外れないように働くことが大切です。扶養の範囲内でできる仕事も多いので、しっかりと探す必要があります。
スーパーなどでパートタイムの仕事をする主婦もいますが、より手軽にできるのはインターネットを活用した副業です。アンケートサイトで簡単なアンケートに回答したり、クラウドソーシングのサイトで記事作成の仕事を引き受けたりするのが中心となります。また、マリッジアドバイザーという仕事も注目を集めています。
マリッジアドバイザーは結婚を望む男女のサポートをする仕事で、社会貢献につながるところが魅力です。
フルタイムで働くのではなく、自分のペースで働くことが可能なので、扶養の範囲内に抑えられます。

38万円以上の収入がある場合には確定申告を

全く収入がない専業主婦であれば、特に確定申告をする必要がありません。
そのため、主婦は確定申告の手続きに慣れていないことが多いです。
しかし、副業をして稼ぐようになったときは注意しなければなりません。
副業をしたら必ず確定申告をすることになるのではなく、一定以上の収入になったときに限られるので、自分が稼いだ金額を確実に把握しておくことが大切です。
どのような形で働いていても、38万円は基礎控除という形で控除されるため、稼いだ金額が38万円未満であれば確定申告は不要になります。よく言われる103万円という金額を意識しすぎると、38万円を超えているのに申告を忘れることがあり得るため要注意です。パートタイムなら給与所得控除があるため103万円まで所得税がかかりませんが、在宅での副業をするときは38万円が基準になります。

運営者情報 サイトマップ