在宅副業から個人事業主に変えるメリット

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 在宅副業よりも個人事業主になったほうがいい5つの理由

在宅副業よりも個人事業主になったほうがいい5つの理由

アクセサリー教室

青色申告で節税できます

在宅副業で収入を得た場合、確定申告を行わなければいけません。
個人事業主でも収入を報告しなければいけませんが、青色申告することが可能です。
青色申告では簿記の種類によっても異なりますが最大で65万円の特別控除を受けることが可能です。
そのため、同じ額を稼いだとしても在宅副業よりも個人事業主の方が1ランク下の課税対象となり節税することができます。
さらに青色申告では赤字を3年間繰り越すことができるので、今年度中は黒字であっても昨年度の赤字を計上することで納税額を抑えるメリットがあり、これは在宅副業では行うことができなのです。

事業所得から経費を使うことができます

申告イメージ 副業の場合はたとえ仕事で使ったものだとしても、パソコンやネット回線などの費用を経費として計上することができません。
そのため、50万円の報酬を得るために20万円のパソコンを買った場合でもそれは自己負担となり50万円の所得に対して税金がかかります。
一方個人事業主であれば同じ状態でも20万円は経費となり計上することができます。
経費は上限がありますが、課税の対象外になりますからその分税金が低くなります。
同じ仕事をしたのに税金の額が変わるということは手元に残る金額に差が出るということで、自分の使えるお金の額が増えることが分かります。

会社に在籍しながらでも可能

個人事業主というと、独立してバリバリ仕事をしているイメージがあります。
しかし、会社で働きながらさらに事業主になるということは可能です。
個人で国民年金などに入るよりも手間がかかりませんし、厚生年金を受け取ることもできます。
今まで通りの仕事をしながら、副業で得ていた仕事を個人で請け負うというイメージです。
確定申告をする際に、本業である会社と合算できるため、もし個人事業主の仕事で赤字が出た場合は本業の年収から赤字分を差し引くことが可能です。
赤字は3年間繰り越すことができるので仕事を始めたばかりで経費がかかるというケースでも安心です。

リスクを抑えて収入を増やせます

在宅でパソコンする女性 いきなり脱サラして自分で会社を作るというのは、大きなチャレンジであり不安を伴います。
しかし、副業として在宅で行っていた仕事を個人事業主として行うというのは、ほとんどリスクはないのです
申告をする際に経費についても考えますので、単価なども理解することができます。
手元にあまりお金がない場合、最近はクラウドソーシングなどでお金や細分化された仕事を頼めるようになりました。
従来よりも安い価格で仕事を頼んだりすることができるのでぜひ活用しましょう。
収入が増えればその分やる気が出て、良い循環が生まれるだけでなく充実感も得られます。

簡単なクラウドソーシングもあります

副業などに興味があっても、在宅で自分にできる仕事がないと考えている人は多いです。
しかし、クラウドソーシングを見てみると簡単なお仕事をいくつかするだけでもお金になることが分かります。
イラストを描いたりするような仕事と比べると、誰でもできるクラウドソーシングは単価が安いことも多いですが、毎日継続することで収入は確実に増えます。
個人事業主の開業届を出すと、無料で税理士が講師をする相談会などのお知らせも届くようになり税金面での不安も相談することが可能です。
副業では専門家に無料で相談する機会というのはなかなかないので、個人事業主のメリットです。

まとめ

個人事業主になるのは大変なことだと思われがちですが、青色申告をはじめとして様々なメリットを受けられます。
在宅副業をしているのであれば、検討してみても不利益は無いでしょう。
今ではアンケートなど誰でもできる簡単な仕事がクラウドソーシングなどによって普及しています。
自分には特技がないから仕事ができないという心配もなく、会社に勤めながらでも十分行うことができます。

運営者情報 サイトマップ