本当に会社にバレずに副業ってできるか疑問のあなたに

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 本当に会社にバレずに副業ってできるの?!

本当に会社にバレずに副業ってできるの?!


会社にバレる理由がこちら

サラリーマンが副業をしている際、その事実が会社にバレてしまう理由には大きくわけて2つが挙げられます。
まず、意外な盲点となっているのが「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」です。本来であれば勤めている会社で年末調整のタイミングでこの申告書を提出していきます。
そして、この申告書は一つの勤務先にしか提出できない仕組みになっているので、サラリーマンの人は本業としている勤め先にこの申告をします。
それを間違えて副業先に提出してしまうと、そこから本業の勤め先に副業をしていることがバレてしまうというわけです。
次に住民税の支払い方法とその額についても注意が必要です。住民税を給料から天引きにしていると、その額の変化や税務署からの通知によって副業の事実が本業の勤め先にバレてしまうことになります。

副業禁止ならダメ!

×を出す女性 そもそも、会社の就業規則で副業が禁止されている場合には副業をしないのが無難です。
給料を手渡してもらっているからバレない、年末調整の際の申告書は本業の勤め先で提出して、税金は自分で支払いをしているのでバレない、と思われている人も中にはいますが、これは絶対ではありません。
各市区町村で所得納付の方法、その対応策は変わってくることになりますし、中には所得税を自分で直接支払うことが出来ずに副業の事実がバレてしまうというケースも出てきます。
また、副業の勤め先で柔軟な対応を見込めないときにも注意が必要です。もし、本業の勤め先に副業をしていたことがバレてしまっては、最悪解雇という末路も考えられます。ここまで高いリスクを払ってまで小遣い稼ぎをするくらいであれば、最初から挑戦しないに越したことはありません。

手渡し給与でも安心できない!

先にも挙げたように、手渡しで給料をもらっているからといって本業の勤め先にバレないと断言できるわけではありません
確かに手渡しであれば通帳などに記録が残るわけではありませんし、見た目に影響は少ないように思えるでしょう。
ただ、アルバイトであれば、所得が給与という形で支給されることになるので、必然的に税務署への申請が必要になっていきます。
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を本業のみで提出していたとしても、そもそも住民税が本業の給料から天引きされていれば、副業での住民税の追加分を自分で払う事はできません。
確定申告を乗り切ることが出来てもその後の税金納付の作業で支障が出てきてしまうというわけです。
もちろん、本業で住民税が天引きではないというケースはありますが、それはごくごく限られた仕事であるという点は押さえておくに越した事はありません。

20万円以下はバレない!

リスクとはさみ よく副業をしていて、その所得が20万円以下であれば確定申告の必要はない、その分会社にはバレにくくなると勘違いされている人がいます。
実はこのケース、給与という形でお金が支払われていないものに関してのみ当てはまる条件です。
アルバイトなどで給与を得ている人であれば、例え所得が20万円以下でも確定申告は必須です。
逆に言えば、アンケート回答やブログ運営、アフィリエイトなど事業所得に分類される収入を得ているという場合には、その対応次第で会社にバレずに副業を続けることが可能です。
サラリーマンで、どうしても会社にバレずにお小遣い稼ぎをしたいという人はこうした事業所得や雑所得に分類される仕事をチョイスしていくといいでしょう。
この二つであれば、実際の売上から業務に必要な雑貨を購入した代金など経費を差し引いて正確な所得を出していきます。
その分この20万円を超えるリスクも低くなっていくので、アルバイトを選択するよりもおすすめです。

まとめ

会社にバレずに副業をしたいというサラリーマンは決して少なくありませんが、アルバイトなどの給与所得を得る仕事であればそのリスクが高まるためあまりお勧めはできません。その点、お勧めなのは事業所得や雑所得に分類される仕事です。
会社にバレずに副業をしたいというサラリーマンは決して少なくありませんが、アルバイトなどの給与所得を得る仕事であればそのリスクが高まるためあまりお勧めはできません。その点、お勧めなのは事業所得や雑所得に分類される仕事です。

運営者情報 サイトマップ