ハンドメイド副業をしている主婦の確定申告について

2019年最新版!人気・オススメの副業一覧 2019年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > ハンドメイド副業の主婦は必読!ハンドメイドの確定申告

ハンドメイド副業の主婦は必読!ハンドメイドの確定申告


確定申告って知ってる?

専業主婦の方であれば馴染みのない場合もあるかもしれませんが、通常、所得のある人はその年の1月1日~12月31日までの所得を翌年の2月16日~3月15日までに申告しなければいけません。
所得があればその分所得税や住民税などの税金が発生することになるので、その都度しっかり税金を納めなければいけなくなるということです。
会社に勤めている人であれば、会社側がこの所得の申告を代わりに行うことになりますが、自営業の人や会社勤めでも役員報酬がある人であれば自分で確定申告をする必要があります。
副業であれば確定申告をしなくてもいいと誤解されている人も中にはいますが、それはまったくの間違いです。
金額によって違いはあるものの、副業の所得が20万円を超える場合には確定申告の義務が発生します。

所得の計算方法

そもそも、所得について誤解されている人もいますが、この所得というものはハンドメイド副業などで得た売り上げとは全くの別物です。
所得の計算方法は非常に簡単で、ハンドメイド副業の場合であれば売り上げから材料費や送料、手数料などの必要経費を引いていきます。
その後に残った金額がいわゆる純粋な利益、所得ということになります。
ハンドメイド副業を行う際にはこの細かな計算が必須となっていきますし、その都度、必要経費の証明となるレシートを提出しなければいけません。ハンドメイド副業を始めたばかりでおおざっぱな計算しかしていないという人であれば特に、注意が必要です。
この必要経費のレシート、領収書が手元になければその証明が出来ませんし、その分所得が多くなって税金の額に影響が出てしまうケースも十分に考えられます。

申告が必要な人

ハンドメイド副業で確定申告が必要なのは、先にも挙げたように所得が20万円を超えている人です。
ハンドメイド副業の場合であれば、よっぽど多くの商品を取り扱っている人、商品一つ一つの単価が高い人でなければここまでの所得額にはなりませんが、予め知っておくに越したことはありません。
ちなみに、この20万円というのは別に働いていて、副業としてハンドメイド商品の販売をしているというケースです。
別で働いていなくて所得があるというケースであれば、その額が38万円以上の場合にのみ申告が必要になってきます。
アルバイトやパートなど他に収入源がある人は20万円以上、収入が他にない人であれば38万円以上で確定申告の必要がある、ハンドメイド副業を始める際にはこうした税金の申告についてもしっかり把握していくようにしましょう。

申告が必要でない人

主婦でハンドメイド副業をしていて、申告が必要でない人にはどのような人が挙げられるのでしょうか?
最初に挙げられるのが、他に収入がない、働いていない主婦で所得が20万円以下だという人です。
ハンドメイド商品だけで20万円の所得を得ることはそう簡単なことではありませんが、この額を越えてしまうようであれば注意が必要です。
また、働いている主婦であれば副業の収入が38万円以下であれば申告の必要はありません。副業をしている主婦の中にはこの額以内に所得を抑えるために調整しているという人もいます。
ただ、医療費控除などで還付を受けたいというケースであれば、本来申告が必要なかった人でも確定申告をしなければいけないことがあるので、この点は注意が必要です。その都度自分のケースに合わせて対応していきましょう。

まとめ

副業をする主婦であれば、その所得の金額によって確定申告を行う必要があります。
働いている場合と働いていない場合とで、金額に多少の違いはありますがここで挙げた計算法やポイントをしっかり踏まえた上で対処していきましょう。

そして、必要経費の証明のためにはレシートや領収書を提出する必要があるため、この点も改めて留意しておくのがおすすめです。

運営者情報 サイトマップ