仲人とは一生働ける仕事

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 一生働ける仕事。仲人という仕事。

一生働ける仕事。仲人という仕事。


結婚したいけれども、なかなか良い出会いがないという人が頼るのが結婚相談所です。
入会をすれば最終的に夫婦になる、あるいはそれを前提として付き合える人を探せるからです。
その時、良縁と巡り合う手助けをするのが仲人になります。
では、仲人とはどういう仕事なのかを知るために魅力について見ていきましょう。

自分らしい働き方ができる

仲人を開業することのメリットは、自分らしい働き方ができることです。
家族笑顔写真 仕事とプライベートの割合を自分で決めることができますから、子育てをしているときには家庭を優先させ、落ち着いたら仕事の量を増やすということが出来ます。
難しい専門知識や体力を要する重労働ではありませんから、いつでも仲人を始めたいと思ったときに開業ができます。
人と人とをつなげるために必要なのは会員の心をつかむこと、そしてよりよい相性をもつ相手を紹介することです。
ですから若くても年をとっても変わらずに仕事をすることができます。
そういう意味で一生をかけてやり遂げることが出来るのです。自分らしさということでは、商品やサービスを売り込むのではありませんから、嫌な接待などをする必要もないことも大きな魅力です。

やりがいがあって社会貢献できる

仲人をする上でやりがいというのは重要です。異性に対してどうやって接したらいいのかわからない会員の相談に対して、適切なアドバイスを与えることができれば、良い結果につながるかもしれないからです。
もし、アドバイスを受けて家庭を築くことができ、そして子供が生まれたりすれば、その幸せに自分は力を貸すことが出来たということで喜びを感じることが出来ます。
さらに今は晩婚化していて、よい出会いに恵まれない独身の男女が増えてきています。
そのために社会的にも孤独死や少子化などの問題が深刻になっているわけですから、お見合いをセッティングすることで一人でも独身ではなくなれば、社会問題の解決に少しでも貢献できることになります。
それはとても意義のあることです。

ローコスト・低リスクで仕事が出来る

仲人として働くために結婚相談所を開業する時には、運営していくためのコストが必要であり、もちろんリスクもあります。
そこで日本で最も大きなネットワークを持つ日本結婚相談所での開業はどうかというと、必要なのは加盟金だけなのです。
必ずしも店舗などを設置する必要はなく、会員と連絡を取るための電話そしてデータ管理をするパソコンがあれば自宅でもできます。
フランチャイズ経営であれば、月々ロイヤリティーを支払うことになり、それが経営を圧迫して廃業に追い込まれることもありますが、オーナー経営ですから何も負担はかかりません。
コストが低いということは、大きな収益をあげなくても黒字を出しやすくなります。
つまり、初期費用がローコストであることは低リスクが実現するのです。
そうすれば自ずと、長期的に経営をしていくことが可能です。
仲人で問題が起きるとすれば、お見合いでのトラブルくらいですが、適切に対処すれば乗り切れますので、極めて低リスクで働けます。

安定した収益が見込める

お金セーブ 結婚相談所は会員から入会費、月会費、成婚手数料などをもらうことができます。
会員が多く集めれば途切れることなく、安定した収益が見込めるので経営は盤石です。
フランチャイズではなくオーナー経営であればロイヤリティーで差し引かれるものはありません。
実態のある商品を売ることはないので、仕入れや在庫の管理でかかるコストも省けます。
頑張れば一人でもこなすことが出来ますから、人件費も節約できますし、自宅で開業すればテナント料も不要です。
つまり、売上から税金や通信費などどうしても支払わなければいけないものを差し引いたお金が、ほとんどそのまま手元に残るのでその資金を元に事業の拡大も図れます。定年もなく年をとっても働けるということで、老後の生活も安定します。

おわりに

仲人はプライベートを大事にしながら働けるので、無理をすることなく続けることが出来ます。
年をとっても続けていくことが出来る仕事の魅力は、お見合いで良い相手との出会いを作ることです。
それによって幸せな家庭を作る手助けと社会貢献が出来ます。
結婚相談所をオーナー経営で開業することができれば、低コスト・低リスクでの運営が可能です。
入会費や月会費などが継続して入り、コストがかからないので経営が安定します。
仲人を始める際には加盟金だけの、日本仲人協会をおすすめします。

運営者情報 サイトマップ