仲人の実情について

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 仲人を目指したい人必読!仲人という仕事の実情

仲人を目指したい人必読!仲人という仕事の実情


仲人とは結婚の仲立ちをする人です。
その仕事の内容は結婚相談所と似ているものの、両家との関係を取り持つ意味合いから依頼者との距離感が近いのは仲人です。
そんな仲人の実情など仲人を目指す人に欠かせない部分を紹介していきます。

仲人の基本的な仕事内容

仲人は現在マリッジアドバイザーとも呼ばれており、主婦の副業としても注目されています。
その仕事内容は結婚したい男女のお見合いと相談が基本で、簡単に表現すると結婚相談所のように婚活のサポートをしていきます。
成婚だけでなく、恋愛相談やデートのアドバイスも仕事のうちです。
むしろ相談の受付がメインである可能性はあります。
少なくとも同じような業務を抱える結婚カウンセラーは数多くの相談と向き合っており、事務的な作業も多いです。
仲人は所属している協会で異なるものの、自分のペースで働けます
とはいえ人生の一大イベントである成婚と関わる以上、繊細かつ真剣な対応が求められるのは当然です。

仲人の給与待遇


ボーナス待遇 給与に関しても所属先で細かいところが違いますが、最大で月収30万円は可能です。 反対に最低で月収1万円のケースもあります。
このようなバラつきの原因は仲人としての腕前、もとい会員数と成婚です。
会員が多ければ多いほど月収は増えていくようになっており、おまけに成婚すれば1件につき30万円の給与が支払われます。
つまるところ、前者の報酬は基本的な給料で後者はボーナスというわけです。
しかし、会員が多くなればなるほど仕事のノルマは増えていきます。
例えば月収2万円ならお見合いと相談を請け負う回数は約2回ですが、5万円になるとお見合いを請け負う回数は7回から8回になるケースが確認済みです。
とはいえ働き方次第ではコントロール可能なため、待遇は自由が効きます。

求められる人材

求められる人材は、人のお世話が好きな方や今までの経験を活かしたいという方です。
そのため副業としては経験がある主婦層が活躍しています。
本来であれば社会的に信用ができるうえに新郎新婦、もしくは両家の親と顔見知りである人が好ましいですが、現実はそうはいきません。
お見合いを円満に進めていく企画力やコミュニケーション、それから悩みに対して的確なアドバイスや励ましができることも、仲人に必要な能力です。

未経験でもできる?

初心者の女性 未経験者でもできるか、この問いかけに対する答えはイエスです。
ただしゼロからのスタートとなります。
基本的な実務は少なくても、いわゆるマッチングを成立させるためには人の話をよく聞いて分析したり話を引き出したり等の経験が求められます。
この辺りについては実際に行っていくしかなく、常に勉強あるのみです。
実際に協会では資格を取得できるように講座を実施しているところもあります。
それに同じ業務を請け負う結婚カウンセラーも似たようなものですが、話を引き出すために流行に敏感である事が必要だそうです。
初対面ではどのような会話で弾むか分からないため、流行を会話に盛り込んで食いつきが良い話題を軸に広げていけば信頼を得られるとともに話を引き出せます。

おわりに

仲人の業務はお見合いとアドバイザーですが、それらをこなせる数が多ければ多いほど収入は増えます。
その数を増やすためには会員が求められます。
そして、大抵の場合は信頼できる人の元に集うものです。
経験がある主婦はそのため強いものの、未経験者でも働けるように仲人をまとめる協会では講座でスキルを身につけられるようにしています。

運営者情報 サイトマップ