仲人の役割と必要性について

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 仲人ってどんな仕事?仲人の役割と必要性について

仲人ってどんな仕事?仲人の役割と必要性について


婚活市場で、注目を集めているのが仲人によるサポートです。
昔ながらのお見合いから結納までを手厚くサポートしてくれるとして人気になっています。
今回は、仲人の仕事とは一体どのようなものなのか、また役割や必要性についてお伝えしていきます。

仲人ってどんな仕事?

仲人というのは、両家を結びつける役割を持っている人のことを言います。
お見合いから結納までを取り仕切ることも多く、昔は親と同じぐらい大切な存在として重要視されていました。
最近では、結婚率の低下がみられていますが、結婚人の頼りどころとして仲人は成婚に至るまでのサポートをします。
サポート内容は多岐にわたり、お見合いのセッティングや男女の悩み相談まで引き受けます。
お見合いでは、男女が仲良くなれる空気づくりをし、お悩み相談では話をよく聞いて的確なアドバイスをしてあげることが必要です。
仲人の仕事は、人生経験が豊富であればあるほど良いです。。
なので、年齢問わず若い人からシニア世代の方まで働いているのが現状です。

仲人の役割とは?

手をつなぐカップルショット 仲人の役割は、両家の間に入って双方が円満に婚約できるよう働きかけるのが仕事となります。
信頼できる人物にお願いするのが筋ではありますが、昨今ではそれも簡単ではありません。
現代で同じ役割を担っているのが、結婚相談所です。
お見合いから婚約に至るまでをサポートしてくれるので、現代の仲人と言えるのです。
私情を挟まないという意味では、知り合いよりもより客観的な視点で意見を貰えるかもしれません。
婚活と言えばお見合いという時代だった頃は、このサポートはかなり重要なものでした。
しかし、時代と共に頼める人材がいなくなったことで古い風習のように扱われるようになったのです。
ちゃんとした形をとっていないから離婚率が上がったなんて言われることもあるようですが、実際まったく関係ないとも言い切れないのではないでしょうか。

仲人と媒酌人の違い

媒酌人と間違って認識している人も多いのですが、実は役割が異なっています。
まず、媒酌人とは結婚式の立会人のことであり、式に参列してくれた人への報告をする役目を担ってくれる人のことなのです。
披露宴の中で、新郎新婦の紹介を行ったり、乾杯を促したりしてくれます。
媒酌人はあくまでも式当日に活躍してくれる人のことであり、お見合いや結納などを取り仕切ることはありません。
仲人を立てた場合、媒酌人として式当日にも活躍してもらうことが多く、そのような場合は他の人に頼む必要がありません。
しかし、立てなかった場合は媒酌人を誰かにお願いすることになるでしょう。
この場合、新郎側の上司が担うことが多いようですが、媒酌人自体を頼まずに行うことも増えてきました。 。

仲人はまだまだ必要とされている

プロポーズをしたカップル 婚活をしている人にとって結婚相談所の会員になるということは、現代の仲人に依頼することと同じ扱いになります。
相手探しから相談に乗ってくれますし、デートの約束からプランの相談まで幅広くサポートしてくれます。
さらに、相手と気が合えば、婚約に向けて動き出していきますが、この際にもしっかりアドバイスしてくれますので、分からないことがあった時に気軽に相談することもできるでしょう。
仲人なんて古いものだと思っている人もいるでしょうが、時代と共に形を変え、結婚相談所がその役目を担うようになったという事を理解しておきましょう。
そう考えると、私たちは知らず知らずのうちに頼っていたということなのです。
このことからも仲人がまだまだ必要とされていることが分かりますね。

おわりに

両家の縁談を取り仕切ってくれる仲人は現代においても重要な役目を担っています。
出会いからサポートしてきた男女が、いざ成婚したという時の喜びや達成感は、他の仕事では味わえない特別なものがあります。
1つの奇跡を仕事にすることは、きっと誇らしく感じることでしょう。
仲人はこれからさらに人気の職業になることでしょう。

運営者情報 サイトマップ