個人事業主の副業

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 個人事業主だって副業できる!~在宅ワークをして収入をダブルに~

個人事業主だって副業できる!~在宅ワークをして収入をダブルに~


副業というと、サラリーマンが行うものと考えている人もいるでしょう。
しかし、実際には個人事業主のなかにも副業をしている人は大勢います。
そこで今回は、副業に関心がある個人事業主が知っておくべき事柄を紹介します。

個人経営だけど副業に興味がある

開業して個人経営を始めても、多くの人が数年ももたずに廃業してしまいます。
個人事業主が安定した収入を得ようとするのは、それだけハードルが高いということです。
時間給で稼げるサラリーマンではないので、少しでも収入を多くするための工夫をしなければなりません。
とはいえ、いくら本業を頑張っても業績が上がっていくとは限りません
むしろ下降の一途をたどってしまい、何とか他の方法でまかなう必要がある人も多いでしょう。
そのようなときに興味を持ちやすいのが副業です。
事業とは別に収入源を持つことで、所得を向上させている人が少なくありません。
副業が順調に機能してダブル収入を見込めるようになれば、個人経営を続けていくうえで安心感を持ちやすくなります。

個人事業主に向いている副業

パソコン作業休憩する女性 一口に副業といっても、その種類は多岐にわたります。
大きく分けると、雇用契約を結んで従業員として働く方法と自分の技能を活かしてフリーランスとして働く方法があります。
前者は職場に出勤して働くタイプで、いわゆるアルバイトやパートと呼ばれているものです。拘束時間が長いため、本業に支障が出てしまう恐れがあります。
それに対して後者は、柔軟に時間を使えることが大きなメリットです。
そのため、あくまでも本業を中心に据えた状態で取り組んでいけます。
また、肉体的な負担が少ないこともメリットの一つです。
用契約を結ぶ仕事の中には接客やチラシ配りといった体を動かす仕事が多いですが、フリーランスの仕事は技能を使ったデスクワークが多くを占めています。

在宅ワークがおすすめ

インターネットの普及にともない在宅の副業が多くなっています。
もちろん内職といわれる昔ながらの手作業もありますが、主体はパソコンを使った作業に変わってきました。
具体的には、webライティングやデータ入力などが挙げられます。
webライティングは依頼主の指定するテーマや注意事項に従って、記事を仕上げて納品する仕事です。
納期さえ守れば自分のペースで進められます。
データ入力は、顧客情報や売上といったデータを指定されたフォーマットに入力していく仕事です。
こちらも他人に合わせる必要がなく、自分で仕事のペースを決められます。
どちらにせよ本業のすきま時間に進めることも可能です。
例えば、オンライショップを経営しているなら受注までの待ち時間などを使えます。

在宅ワークでダブル収入

ソファでパソコンする女性 在宅ワークで稼げる金額は、種類によって大きな幅があるので注意が必要です。
webライティングやデータ入力はタイピングさえ行えれば可能であるため、報酬の水準はそれほど高くありません。
アンケートモニターなど特殊なスキルがいらない仕事は基本的に同様です。
それに対して、プログラミングやイラスト作成といった専門性の高いものは、報酬の水準が高く設定されています。
作業に時間を取られやすい点に注意は必要ですが、多く受注するとダブル収入を安定させやすくなるでしょう。
副業にどれだけのウエイトを置くのか最初に決めておくことが大切です。
気楽に取り組めることを重視して、あまり高い収入を望まないなら、あえて専門性の低いものを選択するのも一つの手です。

おわりに

個人事業主が所得を増やすには、経費の積み重ねや青色申告の特別控除などを利用して節税するのが一般的です。
しかし、節税だけに頼って収入を大幅に向上させるのは簡単ではありません。
やはり根本的な対策としては、収入をアップさせていく必要があります。
副業はその手段として非常に有効なので、今後の事業計画を考える際に視野に入れて検討してみると良いでしょう。

運営者情報 サイトマップ