副業の注意点と実情を教えます!

2020年最新版!人気・オススメの副業一覧 2020年最新版!人気・オススメの副業一覧

HOME > 副業の豆知識一覧 > 副業解禁! 副業を始める際の注意点と副業の実情

副業解禁! 副業を始める際の注意点と副業の実情


副業に興味を持っており、その実情を知りたいという人もいるでしょう。
最近では政府も働き方改革の一環として促進しているということです。
どのような企業が取り組んでいるのかだけでなく、働く時の注意点も知っておくことが大切です。

副業の実情について

平成30年1月に働き方改革の一環として副業や兼業が解禁されました。
中にはあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。
しかし、政府が起業の手段や第2の人生の準備として副業が有効であることを認めたのです。
そのような実情により、大手の企業の中でも副業を解禁するところが増えてきています。
また、本業の他に仕事をしたいと考えている人も多くなってきたのも事実です。
副業を希望する理由は人によって異なりますが、好きな仕事をしたいという場合ややりたいことをやりたい場合、スキルアップをしたい場合、持っている資格を活用したいという人から支持されています。
もちろん今より収入を増やしたいからという人もいます。

会社員にとっての注意点

ネクタイ締めなおす男性 会社員が副業をすることにより、収入がアップすることはもちろん、離職せずに別の仕事ができるのでスキルアップに繋がるというメリットもあります。
同じ会社にずっと勤められるとは限りませんし、複数の収入源を持つことやスキルを磨くことで将来の安定に繋がるのです。
また、自分が本当にやりたいことを選ぶことにより、自己実現ができますし、今までせっかく取ったのに手持ち無沙汰になっていた資格を活かすこともできるでしょう。
しかし、本業の終業後や土日にも活動することがあるため、健康管理に気をつける必要があります。
本業の機密情報の保持も注意点として挙げられます。
特に企業が気にするのは情報の漏洩やブランドの毀損であり、これらの注意点に気をつけながら働くようにしましょう。
就業規則についてもきちんと守ることが大切です。

副業を禁止している企業も多い

政府は副業の有効性を認めており、促進しているということですが、多くの企業はまだこれを認めていません。
副業や兼業を容認している会社は全体の28%程度であり、以前より少しは多くなってきています。
しかし、現在でも60%以上の会社が積極的ではないと言えます。
勝手に始めると就業規則に違反してしまうこともあるので注意が必要です。
もちろん大手でも副業を解禁しているところはありますし、働いている会社の情報を確認しておきましょう。
勤めている会社が副業を禁止していない場合、一度挑戦してみるのがおすすめです。
自身が持っているスキルや人脈を利用して仕事を探すのも良いですし、最近ではインターネットを通じてたくさんの仕事が紹介されておりすぐに始められるものも多くあります。

確定申告が必要な場合も

確定申告 自身の会社で副業が解禁されていてもすぐに働けるわけではありません。
事前に確定申告が必要となる場合もあるので注意しましょう。
確定申告は自身の所得を計算し、税務署に納税額を自己申告するという作業であり、副業の所得が1年間で20万円を超えた場合に必要となります。
この場合の所得とは売上から経費をマイナスした金額のことです。売り上げが20万円を超えていても、経費の分を引いて20万円未満になる場合は確定申告の必要はありません。
これから副業を始めたいという場合、自身の所得税や住民税、社会保険料についても把握しておく必要があります。
また、同じ副業でも白色申告と青色申告の場合で納税額がかなり変わってくることもあるため、事前に調べておくのがおすすめです。

おわりに

副業が解禁されることにより、どんな影響があるのか確認しておきましょう。
単なる収入アップやスキルアップだけでなく、長い目で見れば社会的にも意味があると言えるのです。
しかし、いきなり兼業できるというわけではありません。初めての場合、情報漏洩や健康管理などに気をつける必要があります。
また、 確定申告が必要になるかどうかも重要なチェックポイントとなります。

運営者情報 サイトマップ